スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パニッシャー / トム・ジェーン、ジョン・トラボルタ
潜入捜査官のキャッスル(トム)が、武器密輸の潜入を行い
見事に犯人を逮捕する。
しかし、それにかかわっていたある組織のボス、セイント(ジョン)の息子を死なせてしまう。
息子の仇をうつべく真相をあばき、キャッスルら罠だったことに気ずく。
休暇でキャッスルら親戚一同が集まっていたプエルトルコで一家を全員を皆殺しにする。
殺したはずのキャッスルは、生きており、今度は、セイントらに復讐をする。

20041118131610.jpg

なんだか、どっかで見たようなありきたりのストーリー。
復讐に復讐。
「あなたも同じじゃないの?」といわれるが、ほんと、その通り。
パニッシュとは、「罰する」という意味。
「復讐ではなく戒め」と書いてあるが、どう違うのでしょう。
スカッとするような復讐映画では、ありません。
みなきゃ良かった。。って正直思いました。
特に、女性、子供には、向かない映画です。(-_-;)
ジョン・トラボルタの悪役ぶりは、とても良かったですが、
もっと極悪非道で、殺されてもしょうがないって、思わせ方が、
弱かったような気がします。


鑑賞日:2004/11/18
スポンサーサイト
コメント
初めまして♪
TBさせていただきました。

私としては、今までのアメコミ映画としては、結構良かった部類に入るのですが・・・(汗)
でもあれを「戒め」って自分で言うのは、復讐の正当化みたいな印象を受けました。
2004/11/18(Thu) 15:49 | URL | @kei | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
『The Punisher』観て参りました~。トラボルタが出ているという情報しかないまま観に行ったんだけど(先入観全くなし)あたしの中のイメージでは・・・・・。punisher = お仕置き = トラボルタ = サイコ野郎ムービー!だと思った蓋を開けてみたら、マー...
2004/11/18(Thu) 15:45:59 |  The Blue Knowhere
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。