スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STAR WARS エピソードⅢ シスの復讐


---「選ばれし者」と予言された彼が、銀河皇帝の右腕、
黒ずくめの甲冑に身を包むダース・ベイダーに成り果てたのは、なぜか?
今、謎が解き明かされる---

やっと見にいけました。
おもしろかった~♪
最初はいったときは、誰もいなくて、貸切状態。
5分ほど前になったらぱらぱらと入ってきましたが、一桁。
大丈夫でしょうか。。^^;
ま。ゆっくり見れるのでいいんですけどね。
↑いつも映画館の心配してる私^^;

これで、物語がつながりましたね。
また、最初から、全部みたくなりました。

ってことであらすじ~(ネタバレあり)↓



アナキンは、愛するパドメが出産中に死んでいく悪夢を見るようになる。
かつて、愛する母が死ぬときも同じだった。
パドメを失ってしまう恐怖で押しつぶされそうになるアナキン。
そんな、心のすきを銀河共和国最高議長のパルパティーンは、
惑わし、ダークサイドに導く。
パルパティーンこそ、ダーク・シディアスだった。
人を死から救ったダースプレイガスの伝説を話し、巧みに惑わしていく。
パドメの命を救う道は、ダークサイドにしかないと。
心が揺れるアナキンだが、メイスらジュダイにパルパティーンが、ダーク・シディアスと報告する。
それを聞いたメイスらは、パルパティーンをとらえようと、3人で元老院へと向かう。同行を断られたアナキンは、メイスの言うとおり会議室で待つが、いたたまれなくって、メイスらを追う。
元老院についたときパルパティーンは、メイスに命乞いをしていた。
殺すべきではないとアナキンはメイスに意見するが、メイスは聞き入れない。
とどめを誘うとするメイスの腕をアナキンは、切り落としてしまう。
パルパティーンは、メイスを攻撃し窓の外に落とす。
「なんてことをしてしまったんだ」アナキンは、嘆く。
もう、後には戻れないと思ったアナキンは、パルパティーンのシモベとなる。
アナキンは、「ダース・ベーダー」という名をもらい。ダークサイドへと落ちていった。。。
パルパティーンは、クローン軍に「オーダー66」という指令を出す。
それは、すべてのジュダイを抹殺しろとう命令だった。

アナキンが、ジュダイの子供たちにも手をかけ、ダース・ベーダとなってしまったと聞かされたパドメは、真実を確かめようとアナキンのいるムスタファーへと向かう。その船にはオビ=ワンが、隠れて乗ってるとはしらずに。。
ムスタファーについたパドメは、アナキンを救おうと話をするが、
アナキンは、二人で銀河を支配しようともちかける。
あまりにも変わってしまったアナキンにパドメは失望する。
そのとき、隠れていたオビ=ワンが現れる。
アナキンは、パドメがつれてきたと誤解し、パドメの首をしめ、パドメは倒れる。
オビ=ワンはアナキンを倒そうと向かっていった。
長い戦いのあと、隙をつき、オビワンは、アナキンの両足と左腕を切り落とした。
機械の右手だけではいあがろうとするが、体は、ずるずると溶岩流の中へおちていく。
そして、体は炎へと包まれていく。
オビワンは、パドメを急いで連れ帰り、おなかの子供だけは助けようと、
生き延びたヨーダとともに出産にたちあう。
生まれた双子のルークとレイアは、シスの目から隠すため、別々にそれぞれ預けられた。

アナキンは、パルパティーンに助けられ、手術を受けていた。
機械の腕と足にマスク。
サイボーグ化して命をとりとめた。
意識を取り戻したアナキンは、パドメが死んだことを知る。
怒りと絶望で悲痛な叫び声をあげる。
もう、ダース・ベーダーとして生きる途しか残されていなかった。


---------------
アナキンが、ダークサイドへおちていくきっかけが、いまいち弱かったような気がします。
もっと、悲痛なことがあってから落ちていくのかな。と思ってました。
悪におちてからのアナキンの顔が、ほんと怖かったです。
オビ=ワンに負け、溶岩流の中へ落ちていきながら、「おまえを憎む」
というところ。
オビ=ワンの心がどれだけ痛かったか。
「弟だと思っていたのに。。愛していたのに。。」
そう、叫んでもすさんでしまった、アナキンの心には、届かなかったんですね。
ここで、泣いてしまいました。

これでスターウォーズは完結なんですよね。
まだ、全作みてみたいです。
だいぶ、忘れてますわ。。^^;
それしてもすごい。。見ごたえのある映画でした。
スポンサーサイト
コメント
穴金
アナキンの葛藤は私的には親切に描かれていたと思いますよ。決して完全な悪にはなっていないところも、エピソード6につながると思います。

シリーズの中ではかなり良い作品と私は思いました。よかったです。
2005/09/15(Thu) 01:22 | URL | コツコツタイガー | 【編集
スターウォーズ祭。
なんか・・感無量といったカンジ。
ああいう風に繋がっていくのか~。話が過去の出来事になるにつれCGがメチャクチャ凄くなってくるのはご愛嬌ね。
エピ1(エピソードワン)のいたいけなアナキン少年が邪悪顔(ヘイデン)になったのは残念だけどそれを差し引いてもおつりが出るくらい。

えっと。URLはコピペするのがめんどいのでしないだけです。ブログジャンキー参加してるので運がよければ遭遇できるかも。映画のことも書いてあるけどブログで登録してあります。
2005/10/28(Fri) 20:34 | URL | ブリ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
       映画『チャーリーとチョコレート工場』のPRのため、ジョニー・デップがなんと10年ぶりの来日だ~ (^0^)9月3日に来るみたいだよ。めざましテレビで言ってたも~ん。そして、俺は半年ぶりのブ
2005/08/30(Tue) 08:06:27 |  Matsuno-FC Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。