スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キングダム・オブ・ヘブン / オーランド・ブルーム
KOH1_800x600.jpg


やっと、観にいけました!
オーリーカッケ~~~。
美しいし男らしい。。。(*^^*)ポッ
とっても素敵でした。
壮大なスケール。歴史に宗教に。。わからない世界だわ。
ここのところ、こんな感じの映画多いですね~。
トロイ、キングアーサーなどなど。。戦いのシーンが、どれも似通ってる。それに残酷。
オーリーは、「パイレーツ・・」の時と同じ鍛冶屋だったし、
「トロイ」と同じく、王女を寝取るし。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ
ストーリー書くのは、ちと難しい。。
ちょっとだけ、あらすじ&ネタバレ↓

1184年、鍛冶屋のバリアン(オーランド)の妻は、子供を亡くした悲しみで自殺してしまう。
妻子を失ったバリアンは、生きる望みもなくしていた。
そんな時、十字軍の騎士達が、村へやってくる。
その中の1人の騎士がバリアンに自分は、「お前の父親だ」と告げる。
彼は、息子であるバリアンをずっと探していたという。
そして、エルサレムに一緒に来ないかと、誘う。
父だというゴッドフリー(リーアム・ニーソン)は、エルサルム王に仕えているという。
断ったバリアンだったが、妻を侮辱した者を殺してしまい、追われる身となり、ゴッドフリーらを追う。
合流した矢先、バリアンを追ってきた兵たちに攻撃され、
父、ゴッドフリーは、致命的な怪我を負ってしまう。
ゴッドフリーは、死ぬ間際にバリアンにエルサレムの平和を託す。
「ひるまずに敵に立ち向かえ、神は勇気と正義を愛す。
弱気を助け悪しきを行なうな」と告げる。

エルサレムについたバリアンは、ハンセン病に侵され、醜く変形した顔を
仮面でかくす王ボードワンと会う。
エレサレムは、王ボードワンとサラセンの王サラディンとの和平契約によって、
あらゆる宗教に解放し平和を保っていた。
しかし、そういった事に理解をしめさないものが、サラセンに対し、
挑発的な行為をくりかえしていた。
バリアンは、父が築いたイベリンの地と民をうけつぎ、その地を繁栄させていた。
そんな中、ボードワン王の妹シビラが、イベリンへとやってくる。
シビラは、親に決められ結婚した夫、ギーがいる。
しかし、バリアンにひかれる気持ちを抑えられず、二人は恋に落ちる。
王ボードワンの病状が悪化していく。
そんな王にバリアンは、呼ばれ、妹シビラと結婚し、イルサレムを守ってほしいと頼む。
自分が死にギーが王になると、戦争になると恐れていた。
しかし、バリアンは、良心に従い、申し出を断る。
王が死に、シビラの夫、ギーが、王を継承する。
ギーは、サラセンへ攻撃するべき兵を進める。

ギーの命令で殺されそうになったバリアンは、なんとか逃れ、
兵を進めようとするギーの前に姿を現す。
バリアンは、戦いを挑むことは、サラセンの罠だというが、
ギーは、それを聞かず出発する。
バリアンは、イルサレムを守るべく残る。
ギーらを倒したサラセン軍はバリアンのいるイルサレムへと
攻め込んでくる。。

数では、負けていたイルサレム軍だったが、知恵と勇気で
奮闘を続ける。
何日か戦った後、サラディン王は、和解をもちかける。
イルサレムを渡せば、人々の命は、保障すると。。
バリアンは、その条件をのみイルサレムを明け渡す。

++++++++++++++++++
宗教的な戦い。ってよくわかりません。
でも今でも繰り返されている戦い。
信じている神が、違うのでしょうが、人と人とがそこまでして
守るべきものなのでしょうか。

信仰心のない私には、ちょっと理解しがたい戦争です。
残酷で、悲しい戦い。
いったい、何が残る戦いなんでしょうか。

スポンサーサイト
コメント
トラックバックありがとうございました。

こちらからもトラックバックさせていただきますね。
2005/05/17(Tue) 23:52 | URL | えい | 【編集
トラックバックありがとうございました~。
うん、僕も信仰心はないんでよくわからん戦争でした。
というか、戦争はすべてよくわからんです。
2005/05/18(Wed) 01:31 | URL | ぽんぽこ山 | 【編集
こんにちは。
TB、ありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきました!
オーリーは本当にキレイでしたね~。
宗教問題はムズカシイです。
2005/05/18(Wed) 08:03 | URL | akemi | 【編集
拙宅へのTBどうもありがとうございました。
ほんとに色々と考えさせられた映画でした。
結局は「土地と富の為」に兵を進めているだけなのか。
「神のため」っていうのは詭弁にすぎないのか。
大衆娯楽作品ではなかったですよね。
こちらからもTBさせて頂きますね。
2005/05/18(Wed) 09:34 | URL | 「あ」嬢 | 【編集
TBどうもありがとうございました  
こちらからもトラックバックさせていただきます。 
宗教上の争いって利権とかもからんで複雑で
むずかしいです。
2005/05/18(Wed) 10:24 | URL | kazu | 【編集
TBありがとうございました!私もさせて頂きました!
本当、宗教同士の対立って私には全然意味がわからないので
いかがなものかと思います…。
2005/05/18(Wed) 12:58 | URL | なおみ | 【編集
えいさん、ぽんぽこ山さん、akemさん、
「あ」嬢さん、kazuさん、なおみコメントありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
みなさんも難しいと感じてらしゃるようですね。
今日のニュースで「イスラム教徒の容疑者の動揺を誘うため、同教の聖典コーランをトイレに流したとの疑惑」の記事が新聞にのって、大暴動がおきたようですね。
死者もでたとか。。
どちらも理解しがたいですね。今もなお続いているという感じがして、いつ戦争になってもおかしくなさそうですね。
2005/05/18(Wed) 20:46 | URL | しゅ~る♪ | 【編集
TBありがとうございました。
オーランドブルームさん、かっこよかったですよね。
お互いの宗教の違いのために起こる戦い、
やはり私達には理解しがたいものがありますよね。
ちょっと、こういう歴史を知ってみたいなと思いました。
2005/05/18(Wed) 23:14 | URL | 35-lapis_lazuli | 【編集
TBありがとうございました。
宗教って難しいですよね~
なんていうかこれだけで何百年も対立してしまいますからね。
日本人には少し理解しにくい世界ですよね
2005/05/21(Sat) 11:01 | URL | ななな | 【編集
> 35-lapis_lazuli さん、なななさん、コメントありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
やはり、日本人には、理解しがたいですよね。
私も歴史をすこし勉強しなくちゃ。と思いました。
それから、観たら、また違った感想がかけるかもしれません。
2005/05/21(Sat) 11:39 | URL | しゅ~る♪ | 【編集
自分がこの宗教を信仰しているわけではないので
やっぱりわかりにくい部分というか、理解出来ないところがあります。
元は同じ宗教なのに、なんでこうなっちゃうのでしょうね・・・
2005/05/24(Tue) 21:08 | URL | chishi | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
(原題:KINGDOM OF HEAVEN)【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆)12世紀のフランスとエルサレムを舞台に、天国の王国を追い求めた一人の騎士の生き様を描いたヒューマン・ドラマ。物語の主人公は、若く美しい鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)。自分が実
2005/05/17(Tue) 23:48:48 |  ともやの映画大好きっ!
■ キングダム・オブ・ヘブン
2005/05/17(Tue) 23:49:35 |  Moovle
------おっ、オーランド・ブルームだ。『トロイ』でもうダメかと思ったけど、しかもこんどは主演なんだって?「なんて失礼な。あれは役が役だったんだから仕方がないじゃない。愛に殉じて戦争まで引き起こし、でも、いざ決闘となったら命が惜しくて逃げ惑う。こんな、できる
2005/05/17(Tue) 23:53:14 |  ラムの大通り
試写会「キングダム・オブ・ヘブン」開映19:00@よみうりホール「キングダム・オブ・ヘブン」KINGDOM OF HEAVEN 2005年 アメリカ・モロッコ配給:FOXジャパン監督:リドリー・スコット製作:リドリー・スコット、マーク・アルベラ、ブルース・デヴァン、   
2005/05/17(Tue) 23:56:34 |  こまったちゃんのきまぐれ感想記
公開日 2005年 5月 14日ジャンル 歴史ドラマ 2005年 アメリカオーリーに逢いたい!キャンペーン 期待度 ★★★★★監督 リドリー・スコット製作 リドリー・スコット脚本 ウィリアム・モナハン音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズキャスト オーランド・ブルーム、エヴ
2005/05/18(Wed) 00:08:42 |  CLII -映画のような恋をして-
最初にパンフレットを読むことをオススメします。 中世戦争映画なので、ヘルムを被っている事が多く 「誰が誰に何を言っているのか」がたま~に分からなくなりました。 それに、みんな髭を生やしているもんだから尚更です。 髭で分からなかった、といえば主役のオーランド
2005/05/18(Wed) 00:09:33 |  明日できることは今日やらない
「キングダム・オブ・ヘブン」 ヤマハホールにて鑑賞オーランド・ブルーム初主演作。超大作。何から書いていいか分かりません。オーリーは確かに精悍なお顔。美しいです。若い頃のブラピさん思い出させます。今まで、「ロード・オブ・ザ・リング」はまあ金髪のロン毛の美し
2005/05/18(Wed) 00:16:48 |  てんびんthe LIFE
12世紀末、エルサレムは聡明なるボードワン?世のもと、イスラムの覇者サラディンと休戦協定を結び、平和を保っていた。しかしそれを快しとしないテンプル騎士団の謀略により、戦いが始まる。ボードワン?世の死後、エルサレムはサラディンの総攻撃を受けることになるが、十字
2005/05/18(Wed) 00:22:21 |  たにぐちまさひろWEBLOG
邦題:キングダム・オブ・ヘブン 原題:KINGDOM OF HEAVEN 監督:
2005/05/18(Wed) 01:04:55 |  Pocket Warmer
歴史スペクタクルものは苦手です。「グラディエーター」ではグッスリ眠ってしまったので、同じリドリー・スコット監督の「キングダム・オブ・ヘブン」にリベンジしてきました。★★★今回も中盤の記憶が10分程飛んでいます(笑)もしかして「バタフライ・エフェクト」!?
2005/05/18(Wed) 01:09:33 |  そーれりぽーと
「キングダム・オブ・ヘブン」試写会で一足お先に見てきました。しかし僕は映画が好きなくせに理解力に欠けてるのか、こういう時代物、コスチューム・プレイって、登場人物の区別がなかなかつかず、なーんかお話がよくわからんことが多いんですよ、洋物和物を問わず。で、本
2005/05/18(Wed) 01:26:33 |  モヴィエ日記
(原題:KINGDOM OF HEAVEN) 久々に大泣きしました(話の中盤から涙が止まらなかったです)。脳髄がしびれました。宗教とか土地とかという縛りではなく、人(民)や命を最優先に重んじ、それに寸分の揺らぎもなくまっすぐにそれらを守り、大流血を回避したサラディンと
2005/05/18(Wed) 02:05:37 |  kikumasamune
キングダム・オブ・ヘブン 期待度・・★★★★★ 満足度・・★★★☆☆ →まだ一回目だしね 大作って、往々にして一回目鑑賞の時の満足度が低い傾向にあります。 なぜかというと前知識が不足しているから~ 世界史はハマった映画から学ぶので、十字軍についてはこれから学
2005/05/18(Wed) 03:09:53 |  おえかき上達への道
公開初日のオールナイト(0:10~)で観てきました。最近の歴史大作はことごとくコケてるけど、これはどうかなっ???って事で。原題も「KINGDOM OF HEAVEN」。2005年製作の歴史・スペクタクル・ヒューマン・ドラマ、145分もの。あらすじ11世紀のヨーロッパ。主
2005/05/18(Wed) 03:48:11 |  ひらりん的映画ブログ
リドリー・スコットの新作とくれば、普通なら期待していいはず。でも、なんか興味わかないのよね。オーランド・ブルームのファンだったら、胸わくわくなんだろうけど。とまどいつつも、レイトで観てきました。
2005/05/18(Wed) 05:55:15 |  CINEMA正直れびゅ
キングダム・オブ・ヘブン評価:70点なかなかいい感じの戦争モノ。イスラム教の聖地でもあり、キリスト教の聖地でもある「エルサレム」での緊張・戦争を描いた映画。現在なお問題となっている「エルサレム」という土地についての問題をわかりやすく描いていて好感が持てま
2005/05/18(Wed) 07:11:03 |  平気の平左 Blogの巻
 12世紀のフランス。妻子を失い悲しみに暮れる若き鍛冶屋の青年バリアン。そんな彼の前に、ある日騎士ゴッドフリーが現われ、バリアンが自分の実の息子であると衝撃の事実を告白する。勇敢で高潔なゴッドフリーは十字軍の騎士としてエルサレムへと赴く途上にあった。彼は、
2005/05/18(Wed) 07:43:31 |  極私的映画論+α
観て来ました「キングダム・オブ・ヘブン」。どうやって観ていたら、いちばん面白いんだろうといろいろ考えてみましたが、オーリー演じるフランスの田舎の鍛冶職人が突然現れた父の後にしたがい、エルサレムでの戦いで活躍し、恋人も得て、無事帰ってくる。という、スター・
2005/05/18(Wed) 07:57:51 |  おたすけシュー
「キングダム・オブ・ヘブン」 「小さな悪を見逃すことで、より多くの人の利益をもたらすことができる」。主人公・バリアンと夫がいながら恋に落ちた王女・シビラはそうい
2005/05/18(Wed) 08:37:10 |  人生はお伽話もしくは映画のよう
キングダムオブへブン監督:リドリースコット出演:オーランド・ブルームエヴァ・グリーンリーアム・ニーソンCrusaderの時代。家族を失い信仰を失いかけていた鍛冶屋のバリアンは、高名な騎士の息子であったことを知らされ、父親から剣を授かり騎士として正義の名のもとに自
2005/05/18(Wed) 08:52:09 |  音楽/映画/小説/メディア全般ブログ 「Cut the Kids in Half」
「...A kingdom of conscience, peace instead of war, love instead of hate...」Kingdom of Heaven を劇場で観たのである。予告を観た時点で、また最近はやりの一大叙事詩、戦闘シーン満載の歴史モノかよ、と思ってそれほど気のりしていなかったのだけれど、Or
2005/05/18(Wed) 09:15:10 |  「あ」嬢の別宅。ただいま準備中。
リドリー・スコット監督による、歴史スペクタクル映画。スケールの大きな映画で見応えは充分だと思いました。ただし、今回は物語がやや複雑で単調なのと、善悪の1対1の対決という判り易いラストがあった「グラディエーター」に比べると娯楽映画としての面白...
2005/05/18(Wed) 09:16:29 |  It's a Wonderful Life
 12世紀のフランスとエルサレムを舞台に、 ≪キングダム・オブ・ヘブン≫を追い求めた 1人の騎士の愛と感動のドラマ ……鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)は父に従い、、十字軍の騎士として、平和と愛のため エルサレムへと旅立ち エルサレム王を助ける。  キ
2005/05/18(Wed) 10:10:32 |  花ごよみ
監督 : リドリー・スコット主演 : オーランド・ブルーム / エヴァ・グリーン /      / リーアム・ニーソン/ エドワード・ノートン/公式HP:http://www.foxjapan.com/movies/kingdomofheaven/「キンダム・オブ・ヘブン」をより楽しむために詳細はこちらを...
2005/05/18(Wed) 10:36:16 |  MoonDreamWorks
物足りなさはあるものの,迫力と平和への思いに満ちた壮大な映像絵巻は見応えあり!
2005/05/18(Wed) 10:51:15 |  Akira's VOICE
リドリー・スコット監督作品オーランド・ブルーム主演十字軍の戦いとしか前情報を得ずに観た。まさか、イスラム、伝説の英雄、サラディンが出てくるとは思ってもいたなかったのでびっくり。前半はどうも間延びしたような感じだった。それと、主人公の「騎士へ目
2005/05/18(Wed) 12:15:37 |  「月の風」シネマ日記
銀座のヤマハホールで行われた招待試写会(?)にいって来ました。ヤマハホール、階段で4階?5階?まであがらなきゃいけないから正直きついっす{/hiyo_shock1/}今回は、予備知識もなく観に行って、しかも私、カタカナがとても苦手で…カタカナの名前とかって、一度じゃ覚え
2005/05/18(Wed) 12:57:20 |  トーキョー独り言ライフ
 超大作なのに、「オーランド・ブルーム主演」「リドリー・スコット監督の最新作」という以外、なんにも事前情報がなかった。行ってみたらそれは十字軍の映画で、しかも「十字軍に行ったキリスト教徒は、こんなにバカでした(バカな人もいました?)」という映画だった。何
2005/05/18(Wed) 13:37:07 |  六本木シネマだより
「キングダム・オブ・ヘブン」を見ました。 オーランド・ブルーム大作初主演の映画で
2005/05/18(Wed) 14:51:27 |  豚犬殿下blog
■ キングダム・オブ・ヘブン (2005年5月14日公開)父の意志を継ぎ、天国の王国を夢みる…そして許されることのない愛…これも運命なのか…「 グラディエーター 」の リドリー・スコット監督が、再び歴史劇に挑んだスペクタクル・ヒューマン・ラブストーリー。あら
2005/05/18(Wed) 17:34:06 |  ヲイラのだいあり?
キングダム・オブ・ヘブン/2005年5月14日より日本公開中世が舞台の歴史モノ、つまりはコスプレもの映画なのでそれなりに楽しみではあるのですが、やっぱりいろいろなものと比べてしまいそうです。何処そこのシーンがアレに似てたとか、これならあっちの方がいい画で撮って
2005/05/18(Wed) 17:35:05 |  *call my name*
学生時代、世界史が苦手だったというかキライだった。なもんで、十字軍たら、エルサレムたら・・・なんだ・・と思いながら観ていた。その辺のコトがわかっていれば、深く楽しめたんだろうと思う。その時代の話だとは、もちろん知っていたので、今日はオーリーを観て癒されよ
2005/05/18(Wed) 17:55:33 |  Little Lovebirds
                                  ストーリー 物語の主人公は若く美しい鍛冶屋のバリア
2005/05/18(Wed) 20:56:30 |  akiのときどきつけるblog
主演のオーランド・ブルーム来日♪もう何も言う事はありませ~ん。ニュースキングダム・オブ・ヘブン公式サイトコスチューム物での初主演ですから(チャンピオン明日へのタイトルマッチはまだ見てない)期待大ですね。誰がなんと言おうとカッコイイんです~キングダム・オ...
2005/05/18(Wed) 22:31:17 |  緑葉
連休前なので仕事の都合で無理だぁ、と試写会のお誘いを断っていたのですが、思いのほか仕事が片付き、急遽ご一緒させてもらう事になりました。キングダム・オブ・ヘブンという、簡単に言ってしまえばイスラム教とキリスト教(十字軍?)の戦いのお話。坦々とした映画なので
2005/05/18(Wed) 23:11:14 |  あす☆バラ
見終ってから、いろいろ考えさせられる。キリスト教とイスラム。聖地をめぐる戦い。サラディン、ボールドウィン4世、ティベリアと登場人物が魅力的だし、心に残るセリフも多い。「異教徒を殺すのは殺人ではない。天国への道だ!」「最初は神のための戦いだと信じていた。...
2005/05/19(Thu) 14:29:39 |  こぶたのベイブウ映画日記
試写会です。エンドロールが途中まででした。まだ完成してないようです。"娯楽"ではありません。もっと深いです。「グラディエーター」がちょっぴり苦手でしたので少し心配していました。でもその心配どっかいき十分楽しませていただきました。が何か物足りない~
2005/05/21(Sat) 10:55:48 |  映画を観たよ
芸能人INDEX オーランド・ブルーム
2005/05/21(Sat) 11:22:36 |  芸能人INDEX
実はここのところ「スペクタル歴史劇」は当たり・はずれでいうとはずれっぱなしではないだろうか? そもそも、昨年公開された久々の大作「トロイ」を皮切りに、「キング・アーサー」、「アレキサンダー」と、このジャンルは次々に作品のクオリティが下がってきている。今改め
2005/05/21(Sat) 12:19:28 |  利用価値のない日々の雑学
第94回★★★☆(劇場)「神の為に戦ってきたつもりだったが、結局は富と土地の為だった」 ティベリアス(ジェレミー・アイアンズ)はそう言ってエルサレムを後にした。 これは現代にも通じる台詞である。 今、こうしている時でも、世界のどこかで
2005/05/22(Sun) 02:31:38 |  まつさんの映画伝道師
12世紀のフランス。妻子を亡くし絶望に暮れる鍛冶屋のバリアンは、実の父がエルサレムの王に仕える勇敢な騎士ゴッドフリーであることを知り、十字軍の騎士としてエルサレムへ戦いの旅に出る。 父親が目指したのは「キングダムオブへブン」と言う天国の王国。 その頃、エル
2005/05/22(Sun) 10:30:57 |  impression
映画界の“レンブラント”リドリー・スコットの最新作『キングダム・オブ・ヘブン』の骨太で力強いメッセージを秘めた歴史劇のお話をしましょうね。見所が多すぎて大変ですが、ちょっとお勉強しておくと倍以上楽しめますよ。
2005/05/23(Mon) 01:26:42 |  よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                  0点□□□□□□□□□□10点※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→今年はじめの頃に見た歴史大作が
2005/05/24(Tue) 21:10:01 |  本と映画と音楽と・・・お酒が好き
「キングダム・オブ・ヘブン」★★★☆オーランド・ブルーム主演、リドリー・スコット監督中世の英雄の騎士の息子がエルサレムでの壮絶な戦いを経て本当の「天国の王国」を見つける。エキストラ3万人の実写の迫力と映像の奥行きは大画面で見た人...
2005/05/28(Sat) 10:18:55 |  soramove
キングダム・オブ・ヘブン5/25 鑑賞。 更にハシゴしてきました。 歴史はとても好きなくせに、私は歴史物をあつかった映画が苦手です。小道具、セットなどの美術点が好みではないのと歴史が主体となり過ぎてストーリーに面白みを見いだせないために苦手なんですが、オーラ
2005/06/02(Thu) 18:49:24 |  luv2
 「エイリアン」「ブレードランナー」「ハンニバル」そして「グラディエイター」と、テイストは似通ってるようでいてその実非常にバラエティにとんだ作品を世に送り続ける巨匠リドリー・スコットが、再び世に送り出した歴史叙事詩的作品。 昨年から一大ムーブメントのごと
2005/06/17(Fri) 12:15:54 |  金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
(ネタバレ注意) 良質な史劇だと思います。『グラディエーター』あたりから始まって『トロイ』『キングアーサー』『アレキサンダー』と続くスペクタルな作品群。それから『ロード・オブ・ザ・リング』に代表されるド迫力の戦闘シーン。そんな同ジャンルの中でもこの『キン
2005/06/26(Sun) 23:32:02 |  てっしーblog
Date of birth (location),13 January 1977,Canterbury, Kent, England, UKPirates of the Caribbean 3 (2007) Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest (2006)エリザベスタウン Elizabethtown(2005) キングダム・オブ・ヘブン Kingdom of Heaven(2005) Haven(20
2005/08/08(Mon) 20:59:58 |  mayapapaのMAYA_tomato
Date of birth (location),5 July 1980,Paris, FranceZhivaya riba (2005) Paris, je t'aime (2006) キングダム・オブ・ヘブン Kingdom of Heaven (2005)ルパン Arsene Lupin (2004) ドリーマーズ The Dreamers (2003)エヴァ・グリーン Eva Green 画像・イメー...
2005/09/17(Sat) 02:25:20 |  mayapapaのMAYA_tomato
Date of birth (location),19 September 1948,Cowes, Isle of Wight, England, UK 本名 Jeremy John IronsThe Magic 7 (2005) (TV) (voice) The Night of the Iguana (2005) Mare, Il (2006) Untitled Casanova Project (2005) キングダム・オブ・ヘブン Kingdom...
2005/09/17(Sat) 02:29:58 |  mayapapaのMAYA_tomato
Date of birth (location),7 June 1952,Ballymena, Co. Antrim, Northern Ireland, UK 本名 William John NeesonUntitled Steven Spielberg/Abraham Lincoln Project (2007) The White Rose (2005)Breakfast on Pluto (2005) The Proposition (2005) バットマン ビ...
2005/09/17(Sat) 02:31:26 |  mayapapaのMAYA_tomato
Date of birth (location),18 August 1969,Columbia, Maryland, USAMotherless Brooklyn (2005) The Painted Veil (2006) The Illusionist (2006) Down in the Valley (2005) キングダム・オブ・ヘブン Kingdom of Heaven (2005)ミニミニ大作戦 The Italian Job(20...
2005/09/17(Sat) 02:34:11 |  mayapapaのMAYA_tomato
キングダム・オブ・ヘブンオーランド・ブルーム なかなか、かわいいのよね。あたしはこういう中世ヨーロッパ系大好きだから、楽しめました。いぁ、楽しめた、どころじゃなく、すっごくよかった!ま、なんで鍛冶屋があんなすぐに、強くなるのか?兵法に関しても。その..
2005/10/17(Mon) 20:02:39 |  猫姫じゃ
DVDで観ました。十字軍の話です。流石にリドリー・スコット監督は、映像は綺麗です。アクションシーンなどがあまりなく、娯楽性は少ない内容となっています。ある程度は歴史の知識を勉強してから観た方がいいかと思います。ラストのエルサレム城壁での攻防戦は臨場感とダイ
2005/10/27(Thu) 12:26:32 |  しょうちゃんの映画観賞日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。