スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シークレット・ウインドウ  / ジョニーディップ
私の好きなサイコサスペンス。
パイレーツオブカリビアンとは、全然違う役どころのジョニーディップ。
ま。パイレーツオブカリビアンでの役が、奇怪だったのでしょうが。。(笑)
山小屋のような家に住んでいる小説家役。
ある日、盗作しただろう。と見知らぬ男が、やってくるところからはじまる。
誰にも目撃されず、自分ひとりのときにしか、現れない男。
もっとも凶悪で残忍な性格。
盗作でないことを証明するため、掲載された雑誌を取り寄せるが、
掲載部分は、切り取られている。
人が殺され、妻と住んでいた家が放火される。
徐々に現れ始める犯人。。
妻も妻の婚約も殺される。
そして、埋められた庭には、とうもろこしが、植えられている。

心理的にもっと、おいつめても良かったのではないかと思いました。
怖さをもっとだしたほうが。。


ジョニーディップは、素敵でした。
この役では、頭はぼさぼさだし、着てるガウンも破れてるのだけど、
なんか、髪をかき上げるしぐさとか、色っぽかったですわ。
パイレーツオブカリビアンは、何度も見たけど、この映画は、ストーリー的には、1度みたら、いいですね。
ジョニーディップのビジュ見る為にみてもよいか。。(笑)



鑑賞日:2004/11/8
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
シークレット・ウインドウ作家モート・レイニー(ジョニー・デップ)の前に現れた、シューターと名乗る謎の男(ジョン・タトゥーロ)そして、シューターは、モートが自分の書いた小説を盗作したと言うのだ。そんな覚えのないモートは相手にしなかったのだが、シュー
2005/03/20(Sun) 15:26:28 |  映画の休日。
5月13日「シークレット・ウィンドウ」(04、米、デビット・コープ)を観る  何を着ても、何をしててもサマになる男というのはいるもので、私がジョニー・デップを好きなのはそのあたりが大きいのだと思っています。  「デスペラード」で両目から血を流しながらサングラスを
2005/05/13(Fri) 12:24:22 |  I N T R O+blog
スティーヴン・キング原作「秘密の窓、秘密の庭」の映画化である。スティーヴン・キングと映画作品の関係というと、やはり「ショーシャンクの空に」なのであるが、氏の作品の映画化というのは、ミステリー小説の中でもはずれが無く、又、安心して観ていられるという点が筆者
2005/06/13(Mon) 19:55:41 |  利用価値のない日々の雑学
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディションしー 評価 72点久々のジョニーデップ。現在、「チャーリーとチョコレート工場」が公開中ということもあって、レジェンド・オブ・メキシコと一緒に借りてみた。しばらくジョニーデップ特集にしようかなぁ。...
2005/09/30(Fri) 10:04:46 |  しーの映画たわごと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。