スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイド アンド シーク /ロバード・デ・ニーロ
haidoro.jpg


最近よくあるパターンのサイコサスペンス。
途中、どんでん返しがあり、意外な人物の犯罪だとわかる。
でも、この手の映画見てる人は、もう気づいてしまうかも。
ネタバレすると、映画がおもしろくないので、下記はクリックしないでください。

あらすじ>
心理学者デビッドの妻であり、エミリーの母であるアリソンが、自ら命を絶ったのだ。
浴室で手首を切り、血塗れになった母の姿を見てしまったエミリー。
9歳のエミリーが受け止めるには、あまりに大きな衝撃だった。

環境を変えようとデビッドは、エミリーとともに
ニューヨーク郊外の湖のほとりにある静かな町に移り住む。
しかし、エミリーは周囲と打ち解けようとせず、架空の友達
「チャーリー」と遊ぶようになる。「チャーリー、どこにいるの? 出ておいで。」と
かくれんぼをして遊んでいる。
しかし、チャーリーは、架空の人物ではなかった。

続きは↓(ネタバレ注意)

[続きを読む...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。